仕上がりがキレイなヘアマニキュアはここが違う

しっとり艶やかに染め上げるヘアマニキュアは?

1剤と2剤に分かれているタイプのヘアカラーや白髪染めは、頭皮や髪をとても傷めます。 使ったことがある方は分かると思うのですが、頭皮につくとヒリヒリしますよね。 髪のキューティクルを開き、そこに染料を入れるため、薬剤が強いアルカリ性になっているからです。 人の肌は弱酸性なので、この薬剤が肌につくと悪影響をおよぼします。 また、キューティクルを開くので髪がボロボロ・パサパサになります。 キレイな髪とは程遠くなってしまいます。

そこで今注目を集めているのがヘアマニキュアです。 キューティクルを開かずに髪の毛の周りだけを染めるので、頭皮や髪を傷めません。 そのため、女性らしいしっとりツヤツヤの髪になります。 人気のヘアマニキュアには利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、レフィーネ、くろめヘアカラートリートメントなどがあります。

この中でも仕上がりがキレイなのは「くろめヘアカラートリートメント」です。 旭化成ケミカルズが開発したぺリセア(ジラウロイルグルタミン酸Na)を配合。
傷んだ髪を補修しながらしっかり染めます。 キューティクルがはがれ傷んでしまった髪も、キレイな艶(ツヤ)が蘇ります。 また、荒れた肌を治す働きもあるので、地肌からキレイに。
シリコン無配合なのも特徴。シリコンが入っていると指通りが良くなるのですが、髪がコーティングされて染まりにくくなるのです。

仕上がりがキレイになるヘアマニキュア、「くろめヘアカラートリートメント」が綺麗に染まる理由

傷みを修復しながら染めるから仕上がりキレイ
希少な天然くろめ昆布の「フコイダン」「アルギン酸」が髪の保湿力を高め、「フロロタンニン」という成分によって髪を紫外線からのダメージから守ってくれるので色落ちしにくく美しく仕上がります。さらに、旭化成ケミカルズと共同開発した新補修成分「ペリセア(ジラウロイルグルタイミン酸リシンNa)」が傷んだ髪を補修しながら染めていくので、トリートメントしながらしっかり染まって仕上がりがキレイです。
美髪成分たっぷりだから艶々の美髪に仕上がる
ジアミン系薬剤のパラフェニレンジアミン(PPD)やパラベンなど皮膚に刺激を与え、アレルギーなど炎症を起す可能性のある成分は無添加。希少昆布「くろめ」とローマカミツレ・ローズマリー・アルニカ花など9つの天然美髪成分をたっぷり配合しているので、髪と頭皮にやさしく、しっとり潤いのある艶髪に仕上がります。
髪の艶を維持できる天然ヘアマニュキュアタイプ
市販の白髪染めはアリカリ剤やタール系色素などで刺激が強く頭皮と髪を傷めたり、色落ちをした時に新生部(黒髪)と既染部の差が目立ち不自然になりがちです。くろめトリートメントは髪の艶を維持できる天然ヘアマニュキュアタイプ。くろめ昆布のミネラルやフコイダンなどの成分が髪に艶を与えつつ、天然植物色素が生え際・こめかみまでしっかり染め上げます。だからツヤのある若々しい髪へと導いてくれます。

綺麗な髪のために

多くの女性にとって綺麗な髪は理想ですよね。 綺麗な髪というのは潤いと艶のある髪ではないでしょうか。 そのような髪になるには白髪を染めるだけではなく、ボリュームや潤いも必要です。 綺麗な髪のためにはトータルで髪や頭皮をケアすることを考えなければいけません。 抜け毛が気になっている方や、髪が細くなってきている方は育毛が必要になることもあります。

白髪染めやヘアカラーは刺激の強いものもあります。安価なものは刺激が強いものが多いので、値段だけで選ぶのはあまりおすすめしません。どんな成分が含まれているのかを確認してから使うようにしましょう。髪や肌に優しく安全性の高い白髪染めが良いです。安全 白髪染め

一言で白髪染めと言っても色々なタイプがあります。よく染まるけど刺激の強いものや、染まるまでに時間がかかるけど頭皮に優しいものなど色々です。綺麗な髪のためにはどんな白髪染めを使うのかが大切になってきます。おすすめの白髪染めをランキングで紹介